ロンブローゾ

黄金バット

 

子どもの頃、テレビで「黄金バット」
というアニメがあって、ガイコツなんで
すが、これが正義の味方なんです。

そこに「ナゾー」という悪の結社のボス
がいて、アイサツ代わりや感情が特に
高ぶった時に、「ロォ~ンブロォ~ゾォ
~」と呪文のようなものを唱えていまし
た。

「何だコレ?変な呪文だなぁ」と、子ど
も心ながらずっと思っていました。

大人になってある本を読んでいたら、
「ロンブローゾ」という人の名前が出て
きました。

「コレ、あの変な呪文じゃねぇか?」と
思って調べてみたら、「ロンブローゾ」
というのはイタリアの精神科医の名前で
、正式にはチェーザレ・ロンブローゾと
いう「犯罪人類学の創始者」「犯罪学の
父」らしい。

150年くらい前の人です。

「犯罪学の父」ロンブローゾ

「ロォ~ンブロォ~ゾォ~」と唱えるナゾー

 

ナゾーは四ツ目のミミズクの覆面に、左
手が機械の鉤爪。

下半身はたしか円盤の中という変テコな
キャラクターで、どこにでも現れるナゾ
ータワーを根城としてました。

これも、何でこんな変テコな姿してんだ
ろうとずっと思っていました。

どうやらこの人、ナチス・ドイツの手先
として様々な実験を行っていた科学者の
エーリッヒ・ナゾーという人らしく、終
戦期に瀕死の重傷を負って今の姿になっ
たらしい。

歴史がてんこ盛りの深い話だったのです。

ところで、適役のナゾーは、正義の味方
の黄金バットの頭がドクロなので「犯罪
学の父」をひっかけて、「ロォ~ンブロ
ォ~ゾォ~」と雄叫びをあげたのだ。

だとしたら、何ともイキな演出だと思う。

 

 

 

ブログ一覧